TOP やまぶしたけ 商品とご注文 クッキングレシピ お問合せ 会社案内
当社の舞茸は、山形県最上地方の深山で自生した天然のとび色をした舞茸からの菌種で栽培した100%天然種によるものです。「最上まいたけ」のオリジナル品です。天然に近い風味と歯触り、さらに舞茸の難点と言われている色落ちも極めて少ないのが特長です。
舞茸は深山のミズナラなどの枯株に極めて稀に発生するために、大変に珍重されてきたキノコです。ここ山形は舞茸の本場で、正月のご馳走などには、雑煮餅には欠かせない素材でした。大きいもので20〜30cmにもなり、見つけた人は躍り上がって喜ぶことから「舞茸」と名が付いたと言われています。高い香りとこくのある味、歯触りの良さは、マツタケと並び「きのこの王様」として高く評価されています。
これまで市場に流通している舞茸の多くは、大別すると、「黒まいたけ」と「白まいたけ」に区分されます。
黒まいたけは、色落ちし料理が美味しく見えない、白まいたけは色落ちこそしないが風味と歯触りに欠けると難点があり、これをほぼ解消したのが、弊社オリジナルの「とび色舞茸」です。

・色落ちにより料理が美味しく見えない。
・そのため、湯がいてしまうので、大切な風味を損なってしまう。

・色落ちこそしませんが、風味と歯触りに欠け、舞茸本来の味が期待できない
「乾まいたけ低カロリーアルカリ食品で、多くの食物繊維を含み、ミネラルビタミンを多く含む機能的な食品です。
その上、乾椎茸のように、乾燥すると味、香りがより優れたものになり、「乾まいたけ」の場合戻し時間がインスタント並みにも少ない時間で済み、忙しい現代の生活にマッチした商品です
Copyright(C) 2006 Mogami-maitake inc. All Rights Reserved